ヨノギ式~幸せになるゾウ

自由に、楽しく。そういう生き方をしよう。時間的、精神的、経済的に余裕のあるライフスタイル。

クラシック音楽

バッハの知られざる美しいメロディー「チェンバロ協奏曲第5番」

バッハの音楽は音符がズラズラと並ぶような難しい曲が多いのだけれど、とてもメロディアスな曲もけっこうある。 「G線上のアリア」などはクラシック音楽の中でも特に有名なのだけれど、この「チェンバロ協奏曲第5番」の第2楽章のメロディーも素晴らしい。 …

ショパンの「革命」~激しい情熱がこめられた曲

左手の動きがすさまじいことになっている激しい練習曲。 ショパンの一般的なイメージはおそらくロマンティックな雰囲気だと思うので、これを聴くとショパンのイメージが変わるのでは? 「男」ショパン! www.youtube.com 「革命」というかっこいいタイトルが…

ヴィヴァルディ「四季~冬」

さて、今日で11月も終わり。 明日からは12月。 本格的に冬のシーズンに突入。 ってことで今日はこの曲。 ヴィヴァルディの四季にある「冬」。 「春」がとても有名だけれど、「冬」も傑作。 www.youtube.com この曲にはこのような標題がついている。 第1…

ロシアの作曲家、ショスタコーヴィチは頭の中に弾丸の破片があったか?

オリヴァー・サックスの「火星の人類学者」という本でこんな話があった。 ショスタコーヴィチは頭の中に弾丸の破片があって、頭を傾けると音楽が聴こえてくる。 そしてこの現象を作曲に利用したとか。 なのでショスタコーヴィチはその金属を頭から取り除く手…

映画「シャッターアイランド」の音楽が良いぞ

映画「シャッターアイランド」はだいぶ前に見ていて、最近2度目の鑑賞。 「シャッター アイランド」~2度目でも楽しめる映画 - ヨノギ式~幸せになるゾウ 初めて見た時は映画の内容ばかりに集中してしまい、音楽はあまり気にしてなかったのだけれど。。。…

チャイコフスキーの「1812年」にこんなバージョンがあったとは!

つい最近、何となくこの動画と出会ったのだが。 www.youtube.com 演奏がド派手な爆音! 迫力満点な演奏で、さらにビックリしたのが14:10から。 スヴェトラーノフ指揮「1812」 0001 - YouTube 今まで聴いたことのある「1812」と違うではないか! こんな…

ショパンの練習曲「黒鍵」

音楽も軽快でノリノリのこの練習曲、聴いてるだけでは分からないけれど、ななんと!右手は全て黒鍵で弾いてるのである。 ピアノの黒い部分だけを使って作曲してしまうショパンのチャンレジ精神と才能はすごい。 www.youtube.com ピアノの黒い部分だけを使っ…

ショパン「別れの曲」~僕は死にましぇん

『101回目のプロポーズ』というドラマで流れていたピアノ曲がショパンの「別れの曲」。 歴代の作曲家の中でもトップランキングのメロディーメイカーであるショパン自身が「一生のうち二度とこんなに美しい旋律を見つけることはできないだろう」と言うぐらい…

ショパンの練習曲第2番、作品10

ショパンはクラシック音楽を聴き始めたころ、もっともよく聴いていた作曲家の一人。 いつかこんな風にピアノを弾けたらいいな~、とか思いながら聴いていた。 しかしこれを見たら、とてもじゃないが弾ける気がしない! たった1分半の短い曲なのだけれど。 w…

ショパンの練習曲第1番、作品10

ショパンの練習曲が他の作曲家と比べて特別なのは、ただの練習のための曲でなく、芸術的にもレベルが高いから。 練習曲だ、と言われなければこれが練習曲だとは思わないだろう。練習曲でもこんなに美しいメロディーを奏でるとは・・・。やはりピアノでは歴代…

諸井三郎のピアノソナタ=衝撃的なピアノ曲

昨夜、たまたまこのツィートを見かけたのだがーーー聞いてみたらスゴイ曲ではないか!日本人でこんなにカッコいいピアノ曲を作曲した人がいたなんて今まで知らなかった! こちらの作品は、諸井三郎氏の「ピアノソナタ 変イ短調」(1927年作曲)の終楽章のコー…

「序曲1812年」~映画、Vフォー・ヴェンデッタで流れていた曲

「序曲1812年」はチャイコフスキーが1880年、40歳の時に作曲した。 歴史的に1812年はフランス軍を率いるナポレオンがロシアから撤退した年。だけれどチャイコフスキーはロシア人。 ロシア人から見ればフランス軍を敗走させた年、になるか。なので勝利感が充…

「シャコンヌ」~バッハがヴァイオリンの限界に挑む!

まずはこれを聴いて欲しい。 BWV 1004 - Partita No.2 for Solo Violin (Scrolling) - YouTube さてこの曲、何人で演奏しているように聞こえるだろうか? 動画では楽譜も見えるからすぐに答えが分かってしまうかもしれないけど。 そう、たった一人の人間がヴ…

クラシック音楽の名曲を同時に演奏するとこうなる。かなり面白いw

クラシック音楽の名曲を同時演奏する楽しい動画を発見した。必ずどこかで聞いたことのあるメロディーが流れるはず。 クラシック音楽に詳しい人は何曲ぐらい把握できるかな? 全部で57曲、33人の作曲家が登場。 www.youtube.com 一瞬しか流れないメロディ…

「水の戯れ」~静かなるラヴェルの超難曲。

1901年、ラヴェルが26歳の時に作曲したピアノ曲。 「水」をもっとも見事に表現した曲ではなかろうか。 「水の戯れ」と言う詩のようなタイトルがついているけれど、直訳すると「噴水」。 www.youtube.com 静かでキレイな曲なので、聴いているだけだとそんな…

こんな世の中だから~モーツァルトの「フィガロの結婚」

昨夜はアメリカで久しぶりに株価が下がり、日本もつられるように下落中。 だいたい10年おきに発生する金融危機の足音が聞こえてきそうな今日このごろ。 仮想通貨も一瞬で10%暴落するし、アメリカではハリケーン・マイケルが猛威をふるっている。。。 あ…

「悪魔的暗示」~プロコフィエフのピアノ曲

こんなにスリリングで激しいピアノ曲があるのだろうか?まさに悪魔が弾いているようだ。 18歳の音大生が作曲したピアノ曲とは思えない。あまりの迫力に魂が抜かれそう。 気が短い人は40秒から聴いてみよう。 www.youtube.com この曲は「4つの小品」の中…

「不滅のアレグレット」~ベートーヴェン交響曲第7番の第2楽章

ベートーヴェンが作曲したもっとも美しい曲のひとつ。 初めて演奏された1813年当時でもアンコールされるほど好評であった。 一般的にあまり知られていないのが残念でたまらない。 もし聴いたことがないのなら絶対に聴くべし! www.youtube.com どう?この哀…

ロックなピアノ曲!ベートーヴェン「月光」

ベートーヴェンが30歳の時に作曲した14番目のピアノ・ソナタ。 「月光」とタイトルがあるけれどベートーヴェンがつけたわけではない。 ベートーヴェンが自分でつけたタイトルは「幻想曲風ソナタ」。 第1楽章が有名なのだけど、紹介するのは第3楽章! …

もっとも完成度の高い音楽。ブラームスの「交響曲第1番」

「ベートーヴェンを超える交響曲を作曲せねば」。 これがブラームスがかかえていたプレッシャーであることは間違いない。 この交響曲が完成するまでにかかった時間。 なんと21年。 その時、ブラームスはすでに43歳であった。 ベートーヴェンの死後6年目…

クラシック音楽の作曲家を中国語で書くとこうなる!

ちょっと面白そうだったのでリストを作成してみた。 生まれ順で。 ヴィヴァルディ:维瓦尔第 バッハ:巴赫 ヘンデル:韩德尔 ハイドン:海顿 モーツァルト:莫扎特 ベートーヴェン:贝多芬 ウエーバー:韦伯 ロッシーニ:罗西尼 シューベルト:舒伯特 ベルリ…

クラシックと言えばこの曲!ベートーヴェンの「運命」

「ダダダーン」と強烈な始まり方をするクラシック音楽の代表曲。それがベートーヴェンの「交響曲第5番」。 弟子のシントラー:冒頭の4つの音は何を示すのか? ベートーヴェン:このように運命は扉をたたく こんな会話があったらしく「運命」というタイトル…

チェロだけで演奏される有名な曲はこれだ!バッハの「無伴奏チェロ組曲第1番」

チェロだけで演奏される曲も珍しいのでは? さらにその中でも有名な曲となると、これしかない。 www.youtube.com バッハは当時は作曲家としてよりも、演奏家として有名であった。なので無くなってしまった楽譜がたくさんあるそうだ。 中には肉屋で肉を包むた…

最も有名なせつないメロディー。モーツァルトの「交響曲第40番」

モーツァルトは誰もが聴いたことのあるメロディー、と言うか1度でも聴いたら忘れられない素晴らしいメロディーを作曲している。 しかしなかなかタイトルを覚えてもらえない。 この曲もただ「40番」という番号しかつけられていないのが記憶に残らない理由…

女性版ラフマニノフ!?ルーツィヤ・ガルータ(1902~1977)

これはまた素晴らしいピアノ協奏曲だ。 ラフマニノフが好きな人にぜひ聴いてもらいたい。 ロシア音楽らしく、ほんのりとした暗さの中に哀愁とロマンティックな響きがある。 www.youtube.com あまり有名ではない作曲家なので、生涯の紹介。 ルーツィヤ・ガル…

世界で最も有名な曲!しかしタイトルは覚えてもらえないモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

この曲のメロディーは世界でもっとも有名で、もっとも多くの人々から愛されているのでは? しかし、悲しいことになぜかタイトルをなかなか覚えてもらえていない。 これを機に覚えよう! この曲はモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 www.you…

激しい夏。ヴィヴァルディ「四季~夏」

もう9月も中旬になったけど、まだ暑い日が続くかも。 残暑に合わせて今日はヴィヴァルディの四季。その中でも「夏」の第3楽章。 この曲、200年ほど前に作曲されたとは思えないぐらい激しい。まさに「夏の嵐」。 www.youtube.com やはりロックのごとく激…

呼吸をしない怪物~キング・オブ・楽器「オルガン」

なぜ楽器としてはメジャーなピアノでなく、オルガンが楽器の王様なのか? まずサイズがケタ違いにデカい!巨大すぎるだろ! 普通の楽器を越えたスケール。音量も半端ない。 作るのに2年以上もかかるオルガンもあるそうだ。 そしてピアノよりもオルガンの方…

うつ病を治すための催眠療法で作曲された!ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番

セルゲイ・ラフマニノフ(1873~1943)は1897年、23歳の時に交響曲第1番を発表した。 しかし初演は大失敗・・・。 「もし地獄に音楽学校があったなら、ラフマニノフ君のような才能ある学生がこの交響曲を作曲するだろう。彼は華麗に任務を遂行し、地獄の…

始まり方がドラクエ2の王城の音楽に似てる!?バッハの「管弦楽組曲第1番」

「ドラクエ2の王城の音楽が始まった」 初めてバッハの「管弦楽組曲第1番」を聴いた時にそう思った。 最初の一瞬だけなのだけど。 もしあなたが過去に「ドラゴンクエスト2」をプレイしたことがあるのなら、目をつぶって城の音楽を思い出して欲しい。 難し…