ヨノギ式~幸せになるゾウ

自由に、楽しく。そういう生き方をしよう。時間的、精神的、経済的に余裕のあるライフスタイル。

「Vフォー・ヴェンデッタ」~国民が政府を恐れるのではない。政府が国民を恐れるべきなのだ

今日、11月5日は映画「Vフォー・ヴェンデッタ」の日なのです!

なぜかと言うと、今日は「ガイ・フォークス・デイ」。このお祭りの仮面を主人公である「V」が着けているから。

ハッカー集団である「アノニマス」も同じ仮面を着けているので、見たことがある人も多いかも!?

映画の内容もガイ・フォークスという人物のエピソードが深く関わっている。

映画の舞台は独裁国家になってしまった近未来のイギリス。政治色のメッセージが強烈な映画となっている。

2005年の映画なのだが、中国で放送されたのは2012年。時間が空いたとはいえよく中国で放送できたな、と思う。

ストーリーは映画と同名のアメコミから、監督は「マトリックス」と同じウォシャウスキー兄弟、主演はナタリー・ポートマン。

この豪華メンバーなのになぜか知名度がいまいち。もっと有名になってみんなに見て欲しい映画。

www.youtube.com

主人公の「V」がとてもカッコいい。銃は使わず、ナイフだけで戦う姿が良い。教養あふれる知的なセリフで心が揺り動かされる。

「V」を演じるヒューゴ・ウィーヴィングは映画マトリックスではエージェント・スミス。動作やしぐさだけで感情を表現する演技は目を見張るものがある。「ロード・オブ・ザ・リング」のエルロンドの役でも出ている。

映画の前半で「V」が放送局をジャックして放送するスピーチがたまらなく素晴らしい。

『平穏な毎日は確かに捨てがたい。同じことの繰り返しは確かに安全だ。

私たちが自由に話をするのを気に入らない人たちもいる。警棒で言葉を抑圧するのも可能だ。だが言葉には力がある。真実を明らかにすることもできる。真実とはこの国に大きな間違いがある事だ。暴虐、不正、弾圧、それがこの国だ。

かつては自由に考え、話すことができた。今は監視や検閲が横行し服従が求めらる。なぜこのようなことになったのか?程度の差こそあれ、責任は多くの者にある。真の責任者を知りたいならばーーー鏡を見るだけでよい。

あなたの気持ちは分かる。恐れたからだ。戦争、テロ、疫病、恐れて当然だ。多くの出来事が判断力と良識を奪い去ったのだ。恐怖とパニックの中で,議長サトラーに希望を託した。彼は平和と秩序を約束し、代わりに沈黙と同意を求めた。』

映画の中ではスペルがVで始まる単語のセリフ、Vの形をした背景、5(Vのローマ数字)、などが色々なシーンに埋め込まれている。それらを探しながら映画を見るのも楽しいかもしれない。 

では最後に

【自由、平等、正義はただの言葉ではない。それは生き方だ。理念は死なない!】