ヨノギ式~幸せになるゾウ

自由に、楽しく。そういう生き方をしよう。時間的、精神的、経済的に余裕のあるライフスタイル。

インドのオルチャ、有名ではないけど小さな町に立派な宮殿や寺院が並ぶ!

ジャンシーから電車で15分、そこからリキシャに乗ってオルチャに到着。

あまり有名でない町だけど、久しぶりに外国人観光客を何人も見かけたので行く価値はあり。

到着してからは無料の寺院を訪問。

無料でいいの!?

と聞きたくなる規模。

宮殿を外からちらっと見てから寺院へ。

威厳を感じる寺院の外観。

中はまるで巨大な教会に来たような気分にさせてくれる。

段差が大きい階段を登ることができる。

2階部分はぐるっと1周することができる。

宮殿の眺めが良い。

風も涼しくて長居してしまう。

高所恐怖症の人は歩きづらい。

寺院の中で子供が遊んでいても誰も注意しない。

インドのおおらかさよ!

f:id:yonogishiki:20190926205907j:plain

次の日は朝一で宮殿に!

オープンと同時に中に入ったので、誰もいない!

この宮殿もらった!

って気分にひたるw

天井に見事な壁画が残っている。

当時はカラフルでゴージャス感が漂っていたに違いない。

誰もいない遺跡を歩き回るのは楽しい。

本当に誰もいない!

猿しかいない!

前の日に行った寺院を今度は遠くから眺める。

やはり自然の風景がある場所は心が癒される。

マハラジャになった気分になれる!

召使の姿が見えないけど。

当時のインド人はどんな暮らしをしていたのかな?

とか考えながら気の向くまま歩く。

宮殿から外に出る。

今度は宮殿の周りを朝の散歩。

宮殿の裏側では河が流れている。

 次は1キロほど歩いてラクシュミー・ナーラーヤン寺院へ。

内部の形が変わっているので、歩いていると方向感覚が狂う。

f:id:yonogishiki:20190926211446j:plain

寺院の中に鳥居が!

この塔も上に登れるのだけど、階段が怖すぎて登れなかった…。

ここもキレイな壁画が残ってるね。

なぜか日本の「百鬼夜行」を思い出した。

少し日本が恋しくなってきたのか!?

ちなみに日本の「百鬼夜行」はこんな絵。

f:id:yonogishiki:20190926221035p:plain

最後は河沿いの王墓群へ。

宮殿の入場券があれば入れる。

庭園になっていてキレイ。

バラナシのガンジス川を連想させる風景。

f:id:yonogishiki:20190926225930j:plain

オルチャ、小さな町で過ごしやすい。

ぜひとも訪れてみて!