ヨノギ式~幸せになるゾウ

自由に、楽しく。そういう生き方をしよう。時間的、精神的、経済的に余裕のあるライフスタイル。

峨眉山の報国寺村から峨眉駅への行き方。そして昆明まで夜行電車で移動!

峨眉山の報国寺村からは8番のバスに乗る。

門をくぐって大通りを渡るよ。

f:id:yonogishiki:20191021012741j:plain

これがバス停。

小さいので見落とさないように!

f:id:yonogishiki:20191021012944j:plain

駅が終点…だと思ったら、駅から離れた場所が終点なので、1つ手前のバス停で降りた方が近い。

って言うかなんで駅前で停車してくれないの!?

ちなみに「峨眉山」って駅と「峨眉」って駅があるから間違えないようにね!

間違えたら悲惨。

f:id:yonogishiki:20191021013721j:plain

バスはレトロ感があって良い。

レトロ感、ってあんまり意味がよく分からないけどw

f:id:yonogishiki:20191021014112j:plain

峨眉駅の待合スペース。

入口でIDチェックがあるので、トイレに行く時に荷物を置きっぱなしにしてもあまり心配をする必要がない。

監視カメラだらけだしw

念のためにロックチェーンはしたけど。

f:id:yonogishiki:20191021014240j:plain

夜行電車でも食事が出ないので、ここで食料を調達しておくと良い。

駅弁も売り切れてしまう可能性があるので。

おすすめはカップラーメン。

電車でもお湯は出るので。水質の保証はないけどw

f:id:yonogishiki:20191021014518j:plain

車内の様子。

大きな荷物は上の棚に乗せる。

f:id:yonogishiki:20191021014816j:plain

ベッドは3段。

シーツも枕も清潔なので快適。

f:id:yonogishiki:20191021014950j:plain

ここからお湯が出るのかな?

利用してないのでどんな感じか分からないけど、カップラーメンを食べている中国人がけっこういた。

f:id:yonogishiki:20191021015122j:plain

トイレは和式。

インドと違って写真を掲載できるほどの清潔感。

f:id:yonogishiki:20191021015256j:plain

車窓からの風景。

f:id:yonogishiki:20191021015444j:plain

河沿いを電車はどんどん走って行く。

f:id:yonogishiki:20191021015556j:plain

電車は山の間を走って行く。

f:id:yonogishiki:20191021015706j:plain

断崖絶壁のすぐ横を走って行く。

よくこんな所に線路を作ったな、と感心する。

三国志の時代とか大変だったろうな。

f:id:yonogishiki:20191021015913j:plain

夜ご飯を食べる老夫婦。

中国人はMYお茶の水筒を持っている人が多い。お茶の文化が定着している。

自分でブレンドしたお茶を飲むのって楽しそうだよね。

ペットボトルのお茶ばかり飲んでいる日本文化の貧相なことよ。

f:id:yonogishiki:20191021020101j:plain

 朝になって起きてみると、赤い大地になっていた。

f:id:yonogishiki:20191021020342j:plain

朝ご飯に麺を食べてみた。

でも値段の割には量は少ないし、たいして美味しくないし、しかもぬるい。

やはり麺はアツアツのスープで食べたいよね。

f:id:yonogishiki:20191021020626j:plain

正直、カップラーメンの方が安上がりだし美味しそうw

いつかまた中国で夜行電車に乗る時はカップラーメンを買っておこう!

f:id:yonogishiki:20191021020827j:plain

無事に昆明駅に到着。

って駅が巨大すぎてビビる!

f:id:yonogishiki:20191021021038j:plain